スペイン語検定とはどんな資格?

スペイン語検定は、正確には「スペイン語技能検定」といい、財団法人日本スペイン協会が実施している民間資格です。
スペイン語検定は、難易度別に1級から6級までのランクがあり、6級から順に難易度が高くなります。
前の級に合格しなければ、次の試験を受けることはできません。
目安としては、スペイン語技能検定6級が英検4級程度、3級が英検準1級程度の難易度です。
試験は、春と秋の年2回実施され、一次試験と二次試験(1〜3級のみ)があります。
試験は誰でも受けることができ、その内容は、6級が筆記試験のみ、4・5級は筆記試験とリスニング、1〜3級は筆記試験で合格者のみ二次試験の面接を受けます。
合格率は6級は80%以上、4・5級は70%以上ですが、3級になると約17%、2級が約8%、1級が約7%とグッと下がってしまいます。
1〜3級のレベルとは、どのようなものなのでしょうか。
3級は新聞などが理解でき、一般ガイドに不自由しないレベル。
2級はラジオ、テレビが理解できる上に、一般通訳ができるレベルで、1級になると会議通訳、文学翻訳、専門ガイドができるレベルになります。
1級に合格するには、相当のレベルが要求されると言えますね。
スペイン語は英語ほど使用国は多くはありませんが、それでも世界三大言語の一つ。
ビジネスで通用するレベル(3級以上)であれば、南米や欧米に関係のある商社などでは需要があります。
また、マヤやインカが注目されている昨今、翻訳家として活躍できる道も探せばあるようです。

関連ページ

将来スペイン語の翻訳の仕事に就くにはどうしたらいい?
スペイン語は当然ながら日本語と全く違うものなので、覚えていくのは大変ですね。ここでは、単語の覚え方や発音の上達法、文法の重要性など、学習時に必要なことを紹介しています。一緒に勉強しましょう。